美肌に役立つコラーゲンとヒアルロン酸の効果について

化粧水や美容液によく使われているヒアルロン酸やコラーゲンは、肌の保湿や美容によいと言われています。美肌エステでも利用されているコラーゲンとヒアルロン酸には、それぞれどのような働きがあるのでしょうか。皮膚は表面から表皮、真皮、皮下組織で構成されており、皮膚の真皮層にコラーゲンが存在しています。コラーゲンは網目状の繊維のようになっており、肌のハリを高め、弾力をつける働きを担っています。コラーゲンは水分を蓄えることができるので、スキンケア用品に配合されている時は保湿ケアに役立ちます。コラーゲン自体は高分子の成分なので、皮膚の外側につけても奥には届かず、網目繊維の一部にはなりません。サプリメントとしてコラーゲンを摂取して、真皮層で生成するコラーゲン量を増やし、美肌になるという方法もあります。また、ヒアルロン酸は保水力の高い成分であり、保湿系の化粧品にヒアルロン酸が配合されることがよくあります。ヒアルロン酸が含まれている化粧品を使用することで、保湿作用が向上するので乾燥肌対策になります。皮膚に塗っても、分子量の大きい物質は肌細胞に浸透できませんが、加水分解をして分子量を小さくしたヒアルロン酸なら浸透します。分子量の大きいままのヒアルロン酸では肌の奥までいかないので、分子量を小さくしてあるかは商品を買う前にチェックしておきましょう。肌を美しく保つためには、乾燥を防ぎ、保湿を施すことが大事なので、ヒアルロン酸やコラーゲンの性質を理解することは重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です